マグノリグナンの効果とは?

マグノリグナンの効果とは?

マグノリグナンという成分をご存知でしょうか?
マグノリグナンは、カネボウ化粧品が開発した美白成分の一つです。
モクレン科のホオノキといった植物の樹皮から採れる"ボリフェノール性二重体"という成分に注目し、カネボウ化粧品が開発を行いました。
マグノリグナンは一般的な美白成分と違い、チロシナーゼに働きかけて成長を邪魔することで、高い美白効果を実感できる成分です。
マグノリグナンによって成長を邪魔されたチロシナーゼは、チロシンと結合できずメラニンの生成ができなくなってしまいます。
このようにチロシナーゼはチロシンと結合することで、シミの元となるメラニン色素を生成します。
しかしマグノリグナンはこれを邪魔するため、メラニン自体の発生を防げているのです。
またマグノリグナンには、肝斑にも効果を期待できるという特徴があります。
女性特有の肝斑は、一般的な美白成分ではあまり効果を期待できません。
しかしマグノリグナンは、肝斑治療で有名なトラネキサム酸と肩を並べるほど高い効果を期待できるのです。
マグノリグナンは一般的な美白成分と違った方法で美白ケアを行い、また肝斑にも有効という特性があります。
そのため今まで美白化粧品を使っていたけれど、ほとんど効果を実感できなかった・・という方にも美白効果が期待できる成分なのです。

 

 

■マグノリグナンはロドデノールとは違うの?白斑被害は大丈夫?
マグノリグナンはカネボウ化粧品が開発した美白成分ですが、カネボウ化粧品といえばロドデノールの白斑被害がまだ記憶に新しいですよね。
同じカネボウ化粧品から開発された美白成分であるマグノリグナンには、白斑被害の心配はないのでしょうか?
マグノリグナンは植物由来の成分でありお肌へ優しい成分であるため、これまでに副作用の報告は挙がっていません。
しかしロドデノールと共に配合されることが多かったため、現在ではマグノリグナン配合の化粧品も回収の対象となっています。
マグノリグナンは他の美白成分と違ったアプローチで美白ケアを行うため、他の美白成分と一緒に配合されることが多い成分なのです。
もちろんマグノリグナン単体で配合されている美白化粧品では、白斑被害は発生していません。
今までの美白成分では効果がなかった方、白斑のケアを行いたい方にマグノリグナンは非常に有効な成分です。