トラネキサム酸の効果と副作用

トラネキサム酸の効果と副作用

トラネキサム酸っていったい何?

市販薬のトランシーノに配合されているトラネキサム酸。いったい何??という方のために。
トラネキサム酸は、別名トランサミンとも呼ばれるお薬。
もう、ご存じの方が多いと思いますが、風邪をひいたときに病院で処方されることもあるお薬です。このトランサミンは、のどの痛みを緩和したり、アレルギー症状を抑えたり、湿しんやジンマシンを抑えるお薬です。また、止血作用もあることから止血剤としても使用されます。
そのトランサミン(トラネキサム酸)がなぜ、肝斑に効果的なのかは実はわかっていないそうです。
解明されていないのに効果的というのも少し恐さを感じるのは私だけでしょうか?

 

トラネキサム酸は白斑の治療にも使われる

トラネキサム酸といえば、肝斑の治療薬と思われがちですが、実は白斑を改善するための治療薬でもあるのです。ただし、この場合トランシーノが白斑の改善に効果的ではなく、医師の処方するトラネキサム酸が効果的ということです。

 

 

トラネキサム酸自体は、シミ全般(肝斑、そばかす、老人性色素斑など)のメラニン生成を抑止する力が備わっています。

 

そのため、シミのできにくい肌、シミ予防効果の高い成分です。シミ全般を薄くする力はハイドロキノンに比べると遅い上に、予防の方が高い効果を持つのも事実です。
ですが、トランシーノの場合は肝斑に効果的なので、肝斑が気になる人、トランシーノが飲める人には最適なお薬です。

 

基本的に副作用がないのがトラネキサム酸・・・でも

トラネキサム酸は、基本的に副作用はありません。それはトランシーノも同じです。
しかし、副作用反応のでやすい方というのもいらっしゃるのは事実。そういう方が飲んでしまうと、吐き気、めまいがひどいことが多いようです。生理が重いなど言われますが、トラネキサム酸との因果関係はわかっていないので、トラネキサム酸のせいではないのでは?というのが医療関係者は思っているようです。

トランシーノを飲んではいけない人を確認する